花と猫とわたし

その日の思いと出来事など 花講師 乳癌患者 日記

有料だから優良というわけではない

今年に入ってから、わたしが治療に専念できるようにと

知人がお父さんが入所されていた優良老人ホームを紹介してくれた。

本当に、よかれと思ってそうしてくださったことは感謝している。

が、彼女のお父様が入所された頃とは、その施設の中身は変貌を遂げていた。

 

そこが素晴らしいかどうかは、そこで働く人の意識で変わる。

母と、数名の利用者を覗けば、「認知症」が進んでいる人がほとんど。

ご家族も、自分の親がどんな扱いを受けいるのか、知る由もない。

 

入所まもなくから、母の施設に対する愚痴の中に

ちらちら見え隠れする、施設の実態があったのだが

「認知がすすんでいるから、そんなことをいうのだろうか」

最初はそう思ってしまった、母には申し訳ないと思う。

 

パワハラで、職員を怒鳴りつけ、ヘルパーや、洗濯係、看護師が

次々に辞めていき、命に係わる医療的な面の引継ぎもないまま

深刻な人手不足を引き起こした、人格的に問題ありの施設長が転勤し

 

食事も、塩辛くて食べられない時もあることや

脂っこくて気分が悪くなるものが出ることもあると聞いて

担当者に伝えても、「そういうことは施設長にいってください」

と、一言のお詫びも無し。

 

代わりに、もっと上の役職の施設長、看護師の統括者がやってきた。

やれやれ、これで、改善される・・と、安心したのもつかの間

やってきたのは、上司に媚びへつらい、家族の前では、親切に装い

利用者だけの時は、非常に権威的で、高圧的、

 

しかも、5月に入って、一度も、母の部屋に看護師が来なくなった。

記録には来たことになっていて、ケアプランにも、ちゃんと書いてあることを

実行されていないどころか、やったことにして、実際はほったらかし。

ケアマネさんが、その時間帯に来て、看護師が来ていないこと

記録には来たことになっていることを確認されているのに・・である。

 

今日は、役所に行ってきた、母の足の装具の返還金の申請に行ったついでに

もっと良い施設を探すためである。

 

話を聞いてくれた窓口の女性が

「そんな話を聞いて行政としてほっとけません」

とまで言われたのですが、

 

もう、自宅に帰るか、施設を変わる決意をしているので

ホームと闘う気はないけど

今後、相手の出方によっては、管轄の役所に実態を恐れながら・・と、訴え出てもいいのかなと思う。

 

有料は、高いだけで、必ずしも、クォリティが高いわけではない。

 

昔、介護福祉士だった頃

出世するのは、上司に媚び媚びする、仲間の足を引っ張る奴らだったこと

思い出した。

わたしは何屋さん?

マヤ暦の試験は合格した

師匠にあたる方は、本業は本業できちんとされている。

副業としてされているが、もう、しれっと成功されている。

 

資料は膨大なのに、高額ではないし

ラインや、メールでいつでも惜しげも無く聞けばすぐに返事が返ってくる

常に新しい情報が流れて来る。

 

払った以上の価値を感じる

プラスを与えるから成功するんだ

彼女を見ていると

 

それは、当たり前、法則なんだと思った。

ホルモン治療

昨日の朝から、朝食後に、女性ホルモンを減らすお薬を飲んでいます。

う~~ん、かったるいのは、前からだから

お薬の副作用なのか、わたしが怠け者だからなのか、わかりません。

 

疲れやすい感じはしますけど

 

できるだけ、外に出て

体を動かさないと

 

引きこもると、心の病になりやすいというデータもあるらしいので

 

先生に

 

「更年期のような症状がでるかもしれません」

 

と言われたので

 

「異常な発刊とか、ホットフラッシュ・とかっていうやつですか?」

 

と聞くと

 

「まだ、生理のある人なら、そういう可能性もあるかもしれませんが

 

そこまで酷い副作用はないと思います」

 

そうでした・・・もう還暦近いんだった

 

(>_<) 乳癌発覚前の最後の生理が

 

生理だったのか、不正出血だったのかさえわからなかったんだっけ

 

 

高齢出産で、結構長い間生理あったけど

 

もう、女性ホルモン少なくなってるよな

 

 

骨密度の検査を受けて

 

正常値だったけど、骨粗鬆症の心配の出て年に近づいてるんだなぁ

いよいよ始まる放射線治療

術後のケアに通っておりまして、ご無沙汰しておりました。

やっと、リンパ節取った後の体液も減ってきたので

そろそろ、術後の治療が始まります。

 

知人のお母さんが2週間に1回って聞いていたけど

なんと、

週に5回で計25回

追加5回

しょぇ~~~~~~~

 

ほぼ通勤なみですやん。

 

ゆうべ、知人と話してて、世間話してるうちに

なんと、わたしの主治医(前任者)が、知人のご近所で

ママ友であることが判明。

 

世間って狭いと感じた瞬間でした。

 

とはいえ、今の主治医ではないので

 

お世話になりました、(とってもよくしていただいたので)

 

ありがとうございましたとだけ、伝えてねと

 

言っておきました。

 

 

すぐにかっとする人

前回の記事に出てくる人(詳しく書くと個人が特定されるといけないので

書けませんが)

 

ものすごく短絡的で

その方の配偶者も、その方の記事をもとに推察するに

非常にエキセントリック

 

(ご家族のことで、ある人物に恨みを持っているらしくて

その人物に関しては、名指しで汚い言葉で罵っている毒吐きブログ)

 

どうも、特殊能力、超能力や、霊能力に非常にこだわりがあり

スピリチュアルという言葉に異常なまでに反応することがわかったので

そういう内容は書かないようにしました。

 

わたしは、身近に霊能者と言われる方何人も知っていますが

私の知ってる方々は、修行を積み、自分の感情に飲み込まれることはなく

非常に穏やかで、誰かを口汚く罵ったり、ましてや、悪霊を相手に憑依させたり

そんなことはしません。(書いてあったことが本当ならですが)

 

相手に対して、善念を送らず、感情のままに力を使うあたり

関わらない方がいい「やばいやつ」だと感じました。

 

霊能にも格があります。

力はあるのかもしれませんが、やってることや、言動からし

プライドだけは高い低級霊を扱っているに過ぎないのかな?

と感じました。

 

ちょっと難しい話になるかもしれませんが

ある方がブログにエネルギーの交換という書き方で

記事にされていて、なるほどと思ったのですが

 

プラスのエネルギーを自分が発したら、プラスが返ってきます

マイナスを発したら、マイナスが、当然ですね。

仏教的には、因果応報とも言いますし

リンゴの木にみかんは実りませんよね

 

自分が、悪念であったり、イライラや、怒りを

誰かに発してしまったら・・

本人からでなくても、別の人から返ってくることがあります。

 

今回のことで、わたしは、今まで自分が誰かに対してしてやってきたこと

正義感を振りかざして、攻撃的になったり、責めたり

(若い頃はもっと激しかったかな、今は口にはださないけど

心の中に沸き起こるのを、やり過ごせるようにはなったけど)

 

そういうことが、今回は、わたしから、何かをしたわけではないけど

そういう人からのある意味、理不尽な攻撃を受けることで、

ある意味、帳消し、プラマイゼロ、もしくは、ちょっとマイナスを

減らせたのかもしれません 

 

そういう意味ではありがとうなんですが

反論なんかして、かかわる時間がもったいないので

IPアドレスを拒否設定しました。

 

彼らが、ブログを読めば一目瞭然に

ものすごいどす黒い怒りの念を発していることが

いずれ、発した本人に返っていくときのことを思うと

早く気づかれますようにと

祈らずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

出る杭は打たれる  目立つと攻撃、いじめにあう

無事、マヤ暦の試験答案は受け付けていただけました。

最近、お花と占いでブログを分けたんですが

占いの方のブログに、いつもいいねがついてる方がいて

何度かは、読ませていただいたんですが。

 

その方のブログがどんな内容か・・少々書くのをはばかられる

のですが、一言でいえば、常に誰かや周りの誹謗中傷

悪口三昧、罵詈雑言だらけ・・

読んでいて、関係ないこっちまで気分が悪くなる

まぁ、それぞれ、みなさん、世界観があるので

そっちでお好きにやられる分には、ま、いいか・・って

思っていたんですが。

 

わたしのプロフィールの文章に、コメントでケチをつけてきた。

自称特殊能力の持ち主といその女性の配偶者のご意見だとかで

決めつけた上から目線の命令口調。

 

返事しようかとも思ったけど、削除した。

言葉を選んで、丁寧に、おとなの対応をしたつもりだったが

また、迷惑コメントが来ていた。

 

自分が攻撃しておいて、反論したら

心が狭いだ、器が小さいだ、人に教える資格なしだの

好き放題書いてあった。

他の人たちのことも、馬鹿どもだの、失格だの

書かれていたので、別に驚きもしなかったけど

言葉が汚い上に、語彙力も稚拙。

 

「すごい方なんですね、尊敬します」

って、迎合しない人にはそうやって攻撃するんだと思った。

 

もしかして、わたしの何かが、彼女たちのこころを

刺激するものがあったのかもしれない。

そんなつもりもないのに、めんどくさい奴に目をつけられたと感じた。

批判や、非難されるってことは、まぁまぁ目立ってたってことかもな。

それとも、嫉妬かな、なんか、あの人たち毎日、修羅みたいな感じだし。

 

常に誰かを口汚く罵っているようなブロガーとは

付き合いたくもない。

お客になってもらいたくもない。

関わりたいと思わないし、彼女に認められてもうれしくもない。

 

あんな幼稚な文章で、いつも

喧嘩腰・・

特殊能力・・も、人格が伴わなければ泣くんじゃない?

 

彼女が期待しているのは、わたしが反応することだ。

反論すれば、かまってもらえて、喜んでかみついてくるだろう。

 

コメントは、承認しないまま残している。

何かの時に、迷惑行為の証明になるからね。

でも、公開もしないし、反論もしない。

 

相手にしないのが一番だ

わたしの貴重な人生の時間を

かまってちゃんに、もうちょっとで乗っ取られるところだった。

 

 

 

 

 

何がやりたいの?

自分でも意外なんですが、最近マヤ暦鑑定士の資格を取り

まもなくティーチャー試験を受けます。

合格するかどうかはともかく

おまけに、最近タロットも通信で勉強を始めた。

 

以前は、買い物ついでの暇な時にみてもらったこともあるのだが

自分でやって意外に当たる(気がする)

カードの意味を覚えるのがめんどくさいけど

 

先日、術後の傷にたまった体液を抜くためと

リハビリに病院に行ってきた。

 

数回抜いたらいいのかと思っていたらとんでもなかった。

 

「これからたまりやすい時期に入ります。

週に2回は抜きに通ってきてください。

1か月くらいで、自然に体に吸収されるようになっていきます」

 

同じ部屋に入院していた部分切除の彼女は

ドレーンさえつけていなかった。

わたしのように、リンパ節郭清ではなくて

センチネルの方だから、リンパ節は残ってるからだろうな。

 

初回は400CCも取れた。

 

その後リハビリ室へ。

 

まず、自分でどの程度腕が上がるか、めいっぱい上げて

どこが違和感や、ツッパリ感があるか聞かれる。

 

外側の筋肉はどうもないのだが

内側の筋肉のスジが固くなっているとのこと。

 

いろんなおしゃべりをしながら、ほぐしてもらう。

すると、その後は、さっろ腕が上がるから不思議。

 

毎日、動かさないと固まってしまうのは嫌なので

多少痛くても、頑張って動かしている。

 

切除した患部は、病理検査に出され

今後どんな治療になるか決まるらしい。

 

抗がん剤はもうないと思うけど(思いたいけど)

10%しかないのに、ホルモン剤もやるらしい。

放射線も・・

 

いまのうちにゆっくりして、体力つけなきゃ